AI(人工知能)の構図

AI、Machine Learning、DEEP LEARNINGの関係は、最初に生まれた最も包括的な概念がAIです。
次に発展したのがMachine Learningで、最後に登場したDEEP LEARNINGがさらにその中に含まれる
構図となります。

機械学習(Machine Learning)について

機械学習とは、
1.従来、人が得意としていた物体の認識や事柄のグループ分けなどの作業をマシンで実現することができるようになる技術です。
2.開発者が予めすべての動作を決めておく従来型のプログラムとは異なり、与えられた情報を元に学習し、自律的に法則やルールを見つけ出す手法(アルゴリズム)やプログラムのことです。
3.大量のデータの中に共通する法則を見出すことができたり、今まで人が得意としてきた作業もマシンに行わせることができるようになります。

深層学習(Deep Learning)について

深層学習とは、
1.機械学習よりも一歩進んだ技術で、より難しい認識や認知、判別機能をマシンに持たせることができます。
2.機械学習の一種でニューラルネット(NN)と呼ばれる、主に生物の神経系の挙動を模して学習できるようにデザインされたものです。従来の機械学習とは一線を画しており、適用対象次第では人以上のパフォーマンスを発揮するほど高度に学習することができるものです。
3.人と同レベル以上のパフォーマンスが期待できるものを、昨今ではAI(人工知能)と呼ぶようになり、徐々にビジネスの現場にも応用され始めています。
4.適用対象によっては機械学習以上のパフォーマンスを発揮する場合が多く、また、適用範囲も徐々に広がりを見せています。